ニュース

岩手の最低賃金

 9月3日(月)に岩手県地方最低賃金審議会は、岩手県の最低賃金を、1時間あたり9円引き上げて\619.とする答申を出しました。

 今回答申が出された最低賃金額は、10月28日発行の見込みです。

 他県の状況は、今まで、全国最低だった、4県(青森、秋田、岩手、沖縄)では、青森も9円引き上げで\619.秋田、沖縄は8円引き上げで\618.という答申が出され、過去の答申と比べると、全国的に引き上げ幅が大きく、運動の成果の現れといえるかもしれません。

 しかし、最低賃金が生活保護基準にも達していない状況も変わっていませんし、憲法25条の「健康で文化的な最低限度の生活を」保障するものにもなっていないと思います。

 さらに、格差是正の問題でも、東京では20円引き上げ\739.で、岩手との格差は1時間あたり\120.にもなります。前回の格差が\719(東京)と\610(岩手)で\109の差でしたから、さらに格差が拡大した形となりました。

 これからも、格差なくせ!全国一律最低賃金を! 最低賃金時間額\1,000.以上に!のたたかいと運動を広げて行かなくてはいけないと感じました。

 今回の最低賃金の全国的な引き上げについて、青年の運動との関わりを考えると、全国青年大集会に象徴されるような、全国的な青年の運動の広がりが注目され始め、世論を動かし、格差是正や貧困問題が社会問題化して、今回の全国的な最低賃金引き上げに影響を与えたのだと思います。

 今年に入って、私たち「いわて青年ユニオン」も含め、次々と青年ユニオンが誕生しています。さらに、運動を広げて注目を集めて、世論を動かし、労働条件と社会をよくしていきましょう!

 by書記長

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネットカフェ難民は青年だけの問題じゃない

 インターネットで、「ネットカフェ難民、全国に5400人・・・4分の1は50代」と言う記事を見つけました。

 記事によると、以下引用

(共同通信) 2007年8月28日(火)10:04

 住所不定でインターネット喫茶を泊まり歩くネットカフェ難民が全国で5400人と推定されることが28日、厚生労働省の初調査で分かった。20代が27%と最多だが、50代も23%おり、高齢層にも拡大。半数が日雇い労働で、低賃金の不安定な仕事が背景にあった。 >>続きを読む

(読売新聞) 2007年8月28日(火)12:00

 定住先がなく、ネットカフェや漫画喫茶で寝泊まりするいわゆる「ネットカフェ難民」は、全国で推計約5400人に上ることが28日、厚生労働省による初の実態調査でわかった。うち半数は、派遣労働やパートなど不安定な職に就いていた。住所がないと安定した職にも就けない現実を反映している。 >>続きを読む

引用終了

ニュースページ

 この記事の続きに、厚生労働省のページや関連ニュースページのリンク貼っています。

 by 書記長

続きを読む "ネットカフェ難民は青年だけの問題じゃない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)