« 全国青年大集会2010☆メイン集会☆ | トップページ | 「東日本大震災岩手県共同対策本部」設置 »

国会・省庁要請行動参加

全国青年大集会の次の日(5月17日)には国会・省庁要請行動が行われ、岩手からは代表6名で参加してきました。
 参加者は、いわて青年集会実行委員会委員長(いわて労連青年部長)、いわて労連青年部副部長、青年ユニオンから私と書記長、書記次長、執行委員1名。
 要請行動には全国から137名が参加し、都道府県・地方ごとに19班に分かれて衆・参両議院の文部化学・文教委員・厚生労働委員+地元選出議員に要請をしてきました。
 通常国会中ということでほとんどが秘書対応で、中には面会自体を断る議員もいましたが、2008年の要請行動よりもきちんと対応する議員が増え、青年を取り巻く実態への理解や問題意識が広がっていることが感じられました。
 岩手代表6名は1班として、参議院の厚生労働委員・文教委員7名に要請を行いました。いずれも自民党と民主党の議員で、有名なところでは、橋本聖子議員と丸川珠代議員でしょうか?他5名の議員はスミマセンが知りません…(*_*)
 厚生労働委員・文教委員への要請行動が終わってから、まだ時間があったので岩手選出の主濱了議員へも要請を行いました。8人の議員へ要請を行いましたが、すべて秘書対応で、議員本人には会えませんでしたが、要請趣旨と岩手の青年の実態はしっかり伝えて来ました。
 また、岩手選出の平野達男議員にも要請を申し込みましたが、受付で要請趣旨を説明したにもかかわらず面会を断られました。議員本人でなく秘書が断ってきたとはいえ、怪しい団体と思われたのか何なのか分からないけど、《岩手県の》議員に断られたというのが複雑でした。(-"-;)
 他の班では、秘書対応でも部屋の中に通され、きちんと話しを聞いていたという報告や、全国青年大集会が行われたことも知っていたという報告が出されました。
 議員要請も初めてなら議員会館に行くのも初めてだった私。当たり前なことだけどテレビで見る議員が議員会館内を歩いてたり、食堂のご飯が意外に庶民的だったり、自販機の値段が一般的な自販機より安かったり、全てが“ほぇ〜〜〜(・◇・)”だったけど、とても良い経験でした。


 全国青年大集会に向けて、数々のご支援とご協力を頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

|

« 全国青年大集会2010☆メイン集会☆ | トップページ | 「東日本大震災岩手県共同対策本部」設置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217002/48967961

この記事へのトラックバック一覧です: 国会・省庁要請行動参加:

« 全国青年大集会2010☆メイン集会☆ | トップページ | 「東日本大震災岩手県共同対策本部」設置 »