« ブログ担当からのお知らせ | トップページ | 09年度、第8回執行委員会 »

岩手の最低賃金答申でました。

 8月7日(金)岩手県最低賃金審議会は、県内全てに適用される最低賃金を今の628円から3円引き上げて631円にすることを、岩手労働局長に答申しました。

 地方最低賃金審議会は、公益委員・労働側委員・使用者側委員が中央最低賃金審議会の目安などを参考に、話し合って改定額を決めます。

 岩手の最賃は生活保護の給付水準を上回っているということで、中央最低賃金審議会が示した目安は現状維持でしたが、現状維持では青森、秋田とさらに差が開いてしまうということで3円の引き上げが決まったようです。

 でも、そうじゃないでしょ!実際に最低賃金で普通に働いて普通に暮らせるかどうかを考えて、検証して決めて欲しいです。

 ぜひ、最賃審議会委員の皆さんにも最賃体験をやって貰いたいです!!

 631円では、まだまだ健康で文化的な生活を送れる賃金を保障する最低ラインにはほど遠い額です。

 生活保護の給付水準を上回っているといいますが、生活保護受給者は税金・医療費・年金などがかかりません。同じ水準の最賃で働いて暮らす人は当然それらが全部かかります。手元に残る使えるお金は、かなり少なくなります。

 今の最賃額で、何とか食べていくだけの収入を確保しようとしたら、長時間の残業やダブルワークをしなくてはなりません。とても、普通に働いて普通に暮らすことは出来ません。

 景気の悪化で経営者側も大変だから最賃をあげられたら困るということですが、むしろ最賃を大幅にあげて、最低ラインを引き上げて、地域経済を活性化させるべきです。

 最賃の影響を直接受けるバイトやパートで働く人たちや、間接的に初任給や昇給などで影響を受ける若い労働者の多くは、収入のほとんどが消費にまわります。日本経済の6割が消費支出です。働く人が使えるお金が増えれば経済は大きく活性化します。

 周りの県がどうしたとか、中央最低賃金審議会の目安がどうした、ではなくて私たち働くもの、くらしているものの目線で決めて欲しいです。

 また、岩手県最低賃金審議会はそのほとんどが非公開で行われます。私たちの暮らしに係わる大事な最賃を決めるののに、ほとんどが私たちには分からないところで決められています。ぜひ、私たちにも目に見えるような審議を経て決めて貰いたいものです。

 最低賃金は異議申し出期間を経て、10月4日(日)に発行予定です。

 ↓岩手労働局の発表です。(PDF)

http://www.iwate-roudou.go.jp/date/tingin/pdf/tingin20090810_001.pdf

|

« ブログ担当からのお知らせ | トップページ | 09年度、第8回執行委員会 »

最賃」カテゴリの記事

コメント

いわて青年ユニオンの皆様

私は岩手県立大学の三須田善暢と申します。現在、「フツーの仕事がしたい」という映画を盛岡で上映する企画を進めておりまして、この場をかりてそのお知らせをさせていただきたく投稿いたしました。

【映画の内容】
この映画の内容については映画のホームページ(http://nomalabor.exblog.jp/)を御覧いただければわかりますが、景気悪化に伴う若年層の非正規雇用の問題を、ある一人の青年労働者に密着して描いたドキュメンタリーです。

【上映会の目的】
残念ながら岩手の映画館での上映予定は当面ないため、有志で上映会を企画するに至りました。今回の上映会では、特に若い青年・学生たちを主たる対象と考え、労働環境の過酷な一面を知ってもらい「人間らしく働くとは何か、社会的連帯とは何か」について考える素材にしてもらうことを念頭においています。

【上映会の具体的予定】
上記のような目的にもとづき、岩手県立大学および岩手大学周辺で上映会をおこない、無料で視聴してもらおうと考えております。上映会の日程は10月16日、17日を予定しています。(カンパ状況により、2回上映が厳しい場合は、岩手大学での上映を優先することになります。また、余裕がある場合は監督を呼ぶことも考えています。)

【上映会実行委員会、賛同人】
実行委員会メンバーは別途のブログに記したように(http://nomalabor.at.webry.info/)、岩手大・県立大の教員や有志で構成されております。この委員会は特定の組織や政党を支持・賛同するものではございません。それ以外に現在賛同人を広く募っております。

【賛同人の募集と試写会の案内】
賛同人としての義務(カンパなど)は特にありませんが、知り合いに周知の上、上映会においでいただければと思います。また、賛同人になっていただいた場合は、チラシやホームページ等でお名前が掲載されることになると思いますのでご了承ください。
映画の内容もよくわからずに決めかねるという方もあるかと思い、8月23日の午後7時かに専立寺で試写会をおこないます。お時間がありましたら試写会を御覧いただいてご検討くだされば幸いです。
試写会に参加希望の方、および賛同してくださる方は、代表の穴田さんまでご連絡ください。

勝手なお願いで恐縮ですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: 三須田善暢 | 2009年8月14日 (金) 00時47分

新潟では現在進行形で最低賃金生活を実施しています!!
これはつらい。それに期間を3ヶ月に設定したところ、1ヶ月なんてもんじゃなく、精神的にきついです。
ぜひブログに遊びに来てください。
http://jikyu1000.blog.shinobi.jp/

投稿: にいがた青年ユニオン | 2009年8月25日 (火) 18時51分

地方自治体 最低賃金 格差是正 野田市同調に感謝!

◆市独自の条例案が可決!

 弊社運営の当ブログ記事(09/7/30日付):「厚生労働省 最低賃金 格差是正 地方自治体 政治主導」において、“地方自治体は条例で独自の最低賃金を設定し、豊かな自治体づくりを構築してください。それが地方分権の第一歩になるものと考えます”と提言しました。

冒頭にご紹介した当ブログ「提言」のとおり、千葉県野田市議会は、《市の公共事業を受注した業者に、市が独自に定めた最低賃金を労働者に払うよう義務づける条例案を可決した(9/29)》とのマスコミ報道がありました。当該報道内容については、本日(10/1)掲載の当ブログ記事※をご覧いただいたとおりです。勿論、その《対象は一定規模以上の事業》ですが、野田市は全国地方自治体の先陣を切って第一歩を踏み出したのであり、野田市の英断はまさに当ブログ「提言」に同調を表したものであり、称賛に値するものと思います。

全文か下記にて”
 http://www.xn--3kq4dp1l5y0dq7t.jp/

投稿: 人事総務部 | 2009年10月23日 (金) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217002/45915388

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手の最低賃金答申でました。:

« ブログ担当からのお知らせ | トップページ | 09年度、第8回執行委員会 »